みどり訪問クリニック

Read Article

よくあるご質問|医療関係者の皆さんへ

よくあるご質問|医療関係者の皆さんへ

Q 在宅医療は未経験ですが、大丈夫でしょうか?
A 在宅診療に対し未経験の方でも、スムーズに業務にあたっていただけるように、ただいま研修プログラムを開発中です。


Q どんな患者さんが多いのでしょうか?
A 高齢の患者さんが圧倒的に多く、かかりつけ医として全ての病気を診ます。
その他には、幅広い年齢層のがんターミナルケア、障がい者の方などを診療しています。


Q 在宅医療ではどこまで診るのですか? 検査・処置はどこまで在宅で行いますか?
A 慢性疾患の方の管理のほか、肺炎などの急性疾患も、すぐに病院に送るのではなく、多くの場合、在宅で治療できます。末期患者では、在宅看取りも行っています。また、血液・尿などの検体検査、ポータブルの小型医療機器による心電図、超音波は自院で行います。


Q 医師1人あたりの担当患者数はどのくらいですか? また1日どのくらいの患者さんを診療しますか?
A 1日当たりの訪問軒数は約10件(非常勤医師は、現在6軒程度)で、患者さん1人につき、移動時間を含め30~1時間ほどかけています。当院の患者さんのほとんどが、ご自宅で療養されており、病気だけを診るのではなく、ゆったりと話をしたり、家庭的な雰囲気の中で診療を進めていきます。


Q 診療範囲はどのくらいの大きさですか?
A 現在は、名古屋市緑区、南区、天白区と豊明市を訪問しています。また1日の移動距離が長くなり過ぎないように、訪問ルートも調整しています。


Q 訪問先へは一人で行くのでしょうか?
A 一人で訪問することはありません。必ず、ドライバーもしくは診療アシスタントが同行し、往診車の運転も行います。診療時のサポートは、診療アシスタントが行います。当院には看護師がおりませんので、診療時の処置はすべて医師に行っていただいています。


Q 連携機関について教えてください。
A 診療エリア内の病院と連携をとっています。藤田保健衛生大学病院、南生協病院、社保中京病院など、近隣の基幹病院との連携をとっております。また市内の訪問看護ステーション、ケアマネジャー、そのほか介護事業所、薬局などと連携し、地域で患者さんを支えています。


Q 出勤日数、勤務時間は短くてもいいですか?(医師非常勤)
A 週1日以上から勤務可能です。半日の勤務も可能で、出勤時間も相談に応じます。但し、できればカンファレンス(朝8:30~)に週1回でもご参加いただくことで、患者さんの情報把握がしやすく、診療についても相談等できますので、より安心して業務にあたっていただけます。


Q 勤務日以外や夜間に、担当患者への対応について電話がかかってくることはありますか?
A 平日はチーム制による主治医フォロー、夜間・週末は当直当番制の仕組みを確立しています。グループ内の医師に安心して担当患者を任せることができるよう、日ごろから医師間のコミュニケーションを大切にしています。


Q 在籍している医師の平均年齢は?
A 年齢は問いません。 現在、在籍する医師全体の年齢分布は32歳~50歳となっています。


Q 車通勤は可能ですか?
A 可能です。


Q どんな人が在宅医療に向いていますか?
A ぜひ、在宅医療の魅力在宅医療の一日をご覧ください。


Return Top