みどり訪問クリニック

Read Article

対応疾患と処置|患者さんとご家族へ

対応疾患と処置|患者さんとご家族へ

対応疾患について

みどり訪問クリニックでは、身体機能の低下で、通院が困難な方や排尿・排泄に医療的な管理をご自宅で必要とされる方、在宅での看取りを希望されている方に対して、幅広く対応しています。ご気軽にご相談ください。

通院が困難な方
通院が困難な方、家族がお薬だけを取りに通院している方、認知症状でお困りの方。

さまざまな障害をお持ちの方
脳卒中(脳梗塞・脳出血)などの後遺症で障害をお持ちの方、難病や重度障害をお持ちの方

下記の医療処置が必要な方
床ずれ(褥瘡)処置、留置カテーテルの交換・管理、経管栄養管理、輸液(点滴、中心静脈栄養)のルート交換・管理、在宅酸素、気管切開(気管カニューレの交換)。詳しくは対象処置をご覧ください。

終末(ターミナル)期をご自宅で過ごされたい方
患者さんがその人らしく最後まで、ご家庭で過ごせるように疼痛の管理や緩和ケアをさせていただきます。

対応処置について

栄養に対する医療
ご自身で口からの栄養摂取が出来ない場合、胃ろうや腸ろうでの栄養管理や経鼻経管栄養の他静脈への点滴等管理をご自宅で出来るようなサポートをします。

呼吸に対する医療
ご自身による自然な呼吸が難しい場合、在宅酸素療法(HOT)を用います。外出時には酸素ボンベを持ち歩かなくてはいけませんが、ご自宅でも入院中と変わらない酸素を提供する機械を設置することが出来ます。

排泄に対する医療
排尿機能の低下にともないご自身での排尿が困難になった場合は尿管カテーテル(膀胱留置カテーテル)を用います。月に2回看護師がカテーテルの交換と管理をご自宅で行うことができます。

痛みに対する医療
自宅へ戻ったのだから痛みがあっても少しくらい動きたい。そう思う方へ向けて主に麻薬の処方にて疼痛コントロールをします。

Return Top